2020年7月14日

利用目的に合わせて選ぼう?!倉庫の選び方を解説


保管するものの大きさに合わせた倉庫を選びましょう

倉庫とは様々な物品を収納して、保管するための設備のことです。倉庫については自らが所有する土地などに建設する方法もありますが、一時的な使用の場合には賃貸で利用することが多いようです。倉庫を探す際には、利用目的に合わせたものを選ぶことが重要になります。例えば大きなものを保管するためには、やはり大きな倉庫が必要になります。また天井が低いと大きなものが入らない可能性がありますし、さらに出入り口についても十分なサイズが確保されているか、事前にしっかりと確認しておくことが必要です。一方で小さなものを保管するのであれば、あまり大きな倉庫は必要ないでしょう。「大は小を兼ねる」という言葉の通り、ある程度の大きな倉庫であれば不具合が発生することは少ないのですが、大きな倉庫を借りるためにはそれだけ費用がかさむため、節約の面からは好ましくないのです。

保管するものの種類に合わせた倉庫を選びましょう

さらに保管するものの種類に合わせた倉庫を選ぶことも、重要なポイントになります。特に湿気を嫌うものを保管したい場合には、倉庫選びには注意が必要です。例えば米や小麦などの農産物や、セメントなど乾燥した状態での保管が必要なものを一定期間収納するのであれば、内部に湿気がこもらない工夫がされた倉庫を選ぶようにしましょう。床の高さが周囲よりも高く設定された倉庫や、24時間の換気システムが完備された倉庫であれば、快適環境での保管が可能になります。厳重な温度管理が必要な場合には、内部の室温調整が可能な倉庫を選びましょう。室温を一定に保つことができる倉庫や、氷点下の温度を保つことができる冷凍倉庫を利用することも可能です。

物流倉庫の仕事は、主に入庫と出荷です。入庫は製作会社から送られてきた商品を庫内に仕舞います。出荷は販売店の注文に応じて必要な量を準備し、運輸会社に受け渡します。