2020年11月30日

営業代行への依頼で新規顧客の開拓の迅速化


新規顧客開拓を外部に委託するメリット

営業活動を進める上で、新規顧客のアポイントメントは手間が掛かるものです。見込み客のリストをもとにした架電を進め、興味がありそうな顧客の掘り起こしを行なうのは、それなりな時間が掛かってしまうのも実情です。営業代行を活用することで、自社の社員が手間を感じることなく、スピーディに見込み客の掘り起こしを進められるのです。

営業代行に顧客獲得を任せることで、自社の社員も成約に関する業務に専念できるようになります。反響が返って来た顧客に対して、どのようなクルージングを行い、成約に結びつけるかだけに専念できるため、クオリティの高い仕事に従事することができるのです。

営業代行の利用に掛かる費用

営業代行の会社では、成果に対して請求を行なう場合と、架電数に応じて顧客に料金を請求するタイプがあります。商材やサービスに応じて、どのような課金体系で委託を行なうかを考え、営業代行に依頼することが必要です。アポ取りに従事する要員を採用するには、それなりな費用が掛かっていきます。少ない費用で外部に委託できる営業代行を活用すれば、浮いた人件費を他業務に充当できるのです。

営業代行で働く方の多くは、長きに亘って営業を行っていた経験者が殆どでもあります。社内で顧客獲得を進めるよりも、スピーディに新規顧客を見つけることが可能になり、成約に結び付けられる確率を高められるのです。日々の営業活動の効率化と売上向上を実現できるのが、営業代行を利用することによるメリットです。

営業代行とは、商品やサービスを売るための営業やそれにまつわる業務を、代わって行うサービスのことです。テレマーケティングや対面営業までさまざまな営業の代行サービスがあります。