2020年7月14日

新しいタイプの発電?太陽光発電の特徴について学ぼう!


小規模な設備で発電ができるのが魅力

太陽光発電は自然環境に悪影響を及ぼさない、新しい形の発電システムとして注目されています。太陽光発電の大きな特徴は大掛かりな設備が不要なことです。火力や原子力など従来の発電システムは巨大なタービンを回転させて電気を作り、送電設備を介して供給しています。設備の維持には莫大な費用がかかる他、自然環境が損なわれる欠点があります。その点、太陽光発電はソーラーパネルを置くだけで発電ができます。小規模な設備で発電が可能なので、電気を使用する所だけに置くという使い方に最適です。建物の屋根や壁にソーラーパネルを取り付けることができるのも利便性の高さに繋がっています。送電設備も不要なことから、離島や山間部での発電に最適です。

住宅に太陽光発電を導入する際の注意点

太陽光発電は小規模な設備で電気を作ることができるので個人の住宅に導入することが可能です。電気代を節約する目的で太陽光発電を取り入れる世帯が増加していますが、クリーンな発電ができる一方で設備の維持コストには注意する必要があります。太陽光発電はソーラーパネルが劣化すると発電効率が大きく低下するのでこまめなメンテナンスが不可欠です。汚れや雪が付着するだけで発電量が減少するので、ソーラーパネルの配置場所には気を配る必要があります。また、太陽光発電は天候に左右されやすい発電システムなので安定性に欠けているのも注意点のひとつです。

個人向けの小規模な設備は発電量が少ないので、家庭で安定した電力供給を求めるのであれば従来の発電システムと併用する必要があります。

太陽光発電の価格を下げる事で経費削減に繋がる場合があります。事前に価格比較をしてから導入を検討する事も可能です。